<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

どう生きるか『キリマンジャロの雪』


マルセイユに住む結婚30年になる夫婦、ミシェルとマリクレールは

善き仲間に囲まれ穏やかに暮らしていた


ところがある日、夫がリストラにあい、強盗に押し入られる事件まで起こってしまう…


『キリマンジャロの雪』


d0249678_20512066.jpg



いやあ〜良い映画だったなあ〜本当に


如何に自分の信じる生き方を貫くか


相手に理解してもらおうとか、

人の考え方を変えようとか、そういう気持ちはなくて

もちろん、

自分が犠牲を払うのだから他者にも犠牲を払うことを求める

みたいな気持ちも一切ない


愛を注ぎ続ける生き方をただそれが良いと思うから行なうだけ


その尊さが全ての人に等しく伝わることはないけれど、

信念を貫くと困難や金銭的不利を被ると分かっていても貫いた

その人だけに感じることのできる何かがある



しかし、泥棒の気持ちもよく分かるよ

"公平さ"は人の立場に依って変わる

同じ人間に対し、自分がどのような立場に立って考えるかによって

その人がヒーローにも、自分勝手なお金持ちにも見える



ただ、大事なのは、この泥棒の気持ちや見解に与する点もあるが、

泥棒の立場に立ってしまっては、夫婦の気持ちは理解出来ない

偏った見方に固執してしまうし、善意を感じ取ることが出来なくなる


夫婦の立場に立つと、泥棒とは違う立場にいながらも

相手の気持ちを理解することはできる

この差はとても大きい

出来れば、共感せずとも理解はできる立場にありたい


泥棒と夫婦、理解し合うことはないかも知れないが、

夫婦は自分たちの思う方法で善意を尽くしていく

熟年夫婦が主人公なのが良かったなあ

信じる生き方、そういう部分を共鳴できる相手がいるって本当に良いな




夫ミシェルに対し、妻マリクレールはサブ的なポジションだけど、

彼女のセリフや怒った後にちょっと微笑む様子とか、素敵

旦那さんの浮気を疑う娘にアドバイスするシーン、良かったなあ

自分の人生は、自分で選ぶことが大事




お話も、音楽やマルセイユの風景も綺麗で久々に感動しました



特に、暖かい日差しが降り注ぐマルセイユ

高台に建つ一軒家のテラス

これを観るだけでも大変な価値あり

理想的なテラスだった
[PR]
by 96770 | 2014-05-31 21:52 | シネマテーク

修道院のくるみのパウンドケーキ


今ハマっているのがこれ


『修道院のお菓子 スペイン修道女のレシピ』 著/丸山久美


d0249678_23101530.jpg



ページをめくるたび、どれもシックで美味しそう



トルノという回転式の窓口を通してお菓子を買う話

小さな村の修道院で思わず2つ買ってしまった自家製やけどクリーム

レシピの間に挿入されたちょっとした小話も興味深い


巻末にはお菓子を買えるスペインの修道院が載っていて旅情を誘われます



まずは、ドミニコ会のくるみのパウンドケーキを焼いてみました



材料(16×6.5×高さ6センチのパウンド型1個分)

くるみ 70g
卵(Lサイズ) 2個
薄力粉 大さじ1
グラニュー糖 40g

作り方

1.型にオーブンシートを敷く。オーブンは180度に温める。
 薄力粉はふるい、卵は卵白と卵黄に分けておく。

2.くるみをすり鉢に入れ、すりこ木で潰し、薄力粉と混ぜる。
 (少しだけ荒めの粒を残すと美味しい)

3.卵白はつのが立つまで泡立てる。

4.卵黄とグラニュー糖を混ぜる。グラニュー糖が溶けたら③とさっくり混ぜる。

5.④に②を加え混ぜ、型に入れる。

6.180度のオーブンで焼く20〜30分焼く。
 中心に竹串を刺し、生地が付いてこなければオーブンから取り出し、冷ます。



d0249678_23242688.jpg




d0249678_23252117.jpg




冷ますとしょんぼりへこんでしまったけれど、美味しい!

ほとんど卵白なので軽い食感

口の中でシュッといなくなる感じ

でもしっとり感はある

もっと焼き時間を少なくしても美味しいかも



砂糖はグラニュー糖が無かったので

チャリチャリした砂糖を使用

焼き上がりの表面がカリッとするのでこのお砂糖が好き



本の写真では、もっと焦げ茶色の仕上がりだったけど、

スペインのクルミは日本で売っているのより色が濃いのかな?



シナモンや何かスパイスを合わせても美味しそう



これは簡単だけどなかなかイケてました

修道院のレシピ、魅力的です
[PR]
by 96770 | 2014-05-28 23:31 | 食堂

本を貸してもらって『春になったら苺を摘みに』


イギリス留学時代、下宿していたS・ワーデン村のウェスト夫人宅

他者を受け入れるウェスト夫人の生き方と、

彼女の下に集まる人々との交流を綴る


『西の魔女が死んだ』や『りかさん』で知られる作家・梨木香歩の

初めてのエッセイ


『春になったら苺を摘みに』 著/梨木香歩


d0249678_22104599.jpg



梨木さんの本は何冊か読んだことがあったけど、

パーソナルな部分を知ったのはこれが初めて


すごく素敵な時間を過ごしていて羨ましくなりました

ウェスト夫人のところに下宿してみたい


彼女は自分と異なる国、宗教、価値観を持つ人を

理解出来なくとも受け入れる

それも全く自然に。


いろいろなことがあるけれど、

些細な怒りは手放して

もう少し他者に寛容になろう、と感じる本でした





ところで、この本を貸してくれたのは週末だけ会うバイトの先輩

たくさん本を読んでいて、いろいろ教えてもらっている

何冊か本を貸してもらい、

私もお気に入りを何冊か貸した



どうしても好きな本は、とにかく誰かに、出来れば仲の良い子に読んでもらいたくなる

でも、昔からの親しい友人には、読書を趣味とする子がいなくて、

だから友だちや知り合いに本を貸すとほとんど感想も本も返って来なかった


本を大事にしている気持ちが伝わらない

やっぱり人に貸して良いのは返ってこなくてもよいものだけだったと

反省して、ここ最近は本は貸さないか、プレゼントすることにしていた

でも大抵読んでもらえない



ところが週末の先輩は、私が無造作に手渡した本を

きちんと袋に詰めて

美味しいお菓子を一緒に入れて、返してくれる

読み終えた感想も教えてくれる



好きな本を貸し借りし合う楽しさを久しぶりにかんじたことがとても嬉しい

本を大切に思う気持ちを共有できるのが嬉しい



お互い本を貸し借りするときは

面白くなかったり、読めなかったときは無理せずはっきりそう言おうね

と、言って渡している


実際に、読めずに返した本もあるけれど、それも嬉しい

本には旬があるから

きっとまたいつか読むときが来ると思う
[PR]
by 96770 | 2014-05-25 22:28 | 書店

『醜いやつらは皆殺し』


ボリス・ヴィアン風味の

ハードボイルドSFミステリー


『醜いやつらは皆殺し』 著/ボリス・ヴィアン


d0249678_0163260.jpg



相変わらず、突然見知らぬ世界に放り込まれたかのような、

唐突さがボリス・ヴィアンにハマってしまうところ


粋な説明不足



教訓めいた何かを感じることはないし、

結末もぼんやり


よく分からないのになぜか読みたくなる

不思議な世界なのに読んで苦痛にならない

独特の心地良さがある



見知らぬ国を地図無しで歩くときの

ワクワクするあの高揚感のような




ボリス・ヴィアンにはそんなことを感じます
[PR]
by 96770 | 2014-05-25 00:23 | 書店

美しい文章『トリエステの坂道』


筆者がイタリアで出会った人々と過ごした日々

記憶の出来事が交差し、ありふれた生活の一瞬に映る光を書き留める

心地良い爽やかな風が吹き抜けてゆく随筆集


『トリエステの坂道』 著/須賀敦子


d0249678_2219494.jpg




言葉が美しい

静謐さを感じる文章です





人を見つめる眼差しが良い

他者の人生の切り取り方に類い稀なセンスがある


須賀さんがここに書き留めなければ

そのまま歴史の奥へ流れていってしまっただろう、

特別でない、ありふれた、どこにでもいる、そんな街の人々

ごくごく普通の人たちの人生、生活

それを須賀さんが見て、言葉にすると

人類の普遍性

人生のそこはかとない悲しさ

一人の人間の想いではどうにもできない時代の流れ

でも、どんな人生にも許された一時の幸福が、

短編の一つひとつに結晶化される

普遍的なものを感じ取る感性がある




人や人生の嫌な面をあげつらうことがなく、

同様に、良い面を誇張することもない

全てに対して同じように冷静に見つめることができる

そこが特に素晴らしいところだと思う

だから静謐な文章が書けるのだろう




惹き付けられる

読ませる文章



充実感と幸せな余韻が残ります
[PR]
by 96770 | 2014-05-24 22:32 | 書店

桐島洋子さんの『渚と澪と舵』は人生のバイブル


人生のバイブルになりました

親しい人たちに、今一番おすすめしたい一冊


第1章から第4章は3人の子どもたちへの手紙と、

世界各地から家族や友人に宛てた手紙をまとめたもの

そして文庫版再版の際に加えられた第5章と6章は、

当時の自身を見つめる自伝的小説の断片


非凡な生き方を記す筆者の処女作改訂版


『渚と澪と舵ーわが愛の航海記』(文春文庫)  著/桐島洋子


d0249678_20235590.jpg



退屈な常識の下、安全に繰り返される予定調和な会話

そういうもの飽き飽きしたら、ぜひ手に取って読んでほしい

特に若い、同世代の、全ての日本女性に読んでもらいたい

爽やかな開放感が胸を打つ


近頃増殖している妙に明るく前向きで

それでいて悲しいくらい薄っぺらい若者の、

自己満足エッセイとは全く異なるものなのでご安心を。


永井均が『子どものための哲学対話』に書いていた、

”根の明るい人”の話を思い出しました

洋子さんはまさに根が明るく上品



ベトナム戦争時に従軍記者として奔走する筆者の戦争見物は

不謹慎過ぎて読んでいて冷や冷やする

しかしどんなに不謹慎な発言をしても、決して下品にはならない

だから好き



やっぱり生きていく上で大切なのは美意識と哲学

万事、自分のペースで押し進め、

何事にもきっぱりとした態度で言い切る筆者

でも嫌味がない


筆者のきっぱり言い切る口調には、

"自分"として生きていく自信と自負と責任感を感じます





1章から4章までは、破天荒で非凡な女性の逞しい記録

その激しく自由な生き方に、凝り固まった脳みそを揺さぶられたら、

ガラリと雰囲気の変わる最後の2章を居住まい正して読みたい


遠くにいる真似出来ない人じゃない、そう思わせてくれるこの2章に価値がある



常識の枠を軽やかに越えるように見える彼女にも

こんな常識的な葛藤があり、どうしようもなく立ち止まって踏み出せなくなる日があったのだ


超人のように見える人、天才的な人を見て

○○さんだから出来ること…と言う人は多い

でも、天才と凡人の違いは思っているよりも

ずっとわずかな差なのかもしれない


どんな状況でも、好転させよう

力づくに好転させる

状況が変わらないないなら自分の考え方を前向きに変えてしまう

その美意識に励まされました


洋子さんの人生への向き合い方が好きです









悩んでいる人を見つけると、

母がいつも歌うあの曲は

サントリーのCMだったのね

洒落てるわ
[PR]
by 96770 | 2014-05-21 21:02 | 書店

桐島洋子に傾倒中『聡明な女は料理がうまい』



桐島洋子さんの新鮮な知性と、生活に対する美意識を

料理という具体的かつ実践的な方法を通して伝える希有な一冊

『聡明な女は料理がうまい』 著/桐島洋子


d0249678_21534319.jpg



膝を打ち、身を乗り出して

「わかる!私の言いたかったのはそれなんだよね!」

と言える嬉しさは

見知らぬ惑星で懐かしい友人と出会うよう

人間をよく見る洋子さんの鋭い視線が痛快です



素敵な生き方をしている人のエッセイは面白い

でも「素敵!」と感じるだけでは

現実の生活に還元するのは難しい

この本の素晴らしい点は、

精神論ではなく、料理という実践的な行為を通して

思想を体験できるところ

抽象的な語りは一見賢そうに見えるが、

読み終えると何も残っていないこともしばしば


抽象的なことを誰にでも理解出来るような

具体的な例を示しながら綴ることこそ、

簡単なことを書いているようで、

知性の筋力と語彙や知識、経験の豊富さが問われる真に知的な表現です



聡明な女になりたい私は

早速「ジャボジャボ料理本を読み流すべし」を実践中
[PR]
by 96770 | 2014-05-20 22:48 | 書店

シリアスなのに笑っちゃう『あるいは裏切りという名の犬』


実際の事件を元に、警察内部の争いを描いた犯罪映画


パリ警視庁、次期長官候補のレオ・ヴリンクスとドニ・クラン

連続現金輸送車強奪事件と二人の男の思惑を巡る復讐劇


『あるいは裏切りという名の犬』


d0249678_128777.jpg



どうしてこの映画を観たか

それは主演がダニエル・オートゥイユとジェラール・ドパルドゥーだから

オートゥイユと言えば、『メルシィ!人生』


d0249678_12583985.jpg



彼がコンドームをかぶってゲイパレードに登場するシーンが忘れられず

このひょうきんな顔つきで、どうやってハードボイルドな役を演じるのか、

とっても気になった



刑事になるとこんな感じになりました


d0249678_13121597.jpg



シリアスな物語なのに、彼のアップのシーンごとにどうしても笑いが堪えられない

アクションシーンもあります

ふざけているようにしか見えません

フランス人の美意識はやっぱり日本人とは大きく異なるようです

『メルシィ!人生』を観た後に面白半分で観るにはオススメ

警察内部抗争実話系なら『セルピコ』の方が断然面白い




ちなみにドパルドゥーは『メルシィ!人生』ではオートゥイユの上司

本作同様、嫌な奴

でもメルシィ!での自滅していく姿の方が

裏切りという名の犬での復讐され方よりウィットに富んでいる

『メルシィ!人生』は本当に面白いのでぜひ観てほしいです

他人の評価がいかにあてにならないものであるか、

しかしどれほど馬鹿にできないものかを

愉快に描いた名作です





ところで、裏切りという名の犬の中では、

主演二人の人間関係が詳しく書かれていなかったが、

ポスターや映画情報を調べると、

「かつては親友だった二人」とか

「同じ女を愛した二人だったが…」とか

二人の間にいろいろあったんだなーと窺える

それを知ると、最後にクランさんが吐いた捨て台詞、

お前が俺たちをほっておいてくれていたら!お前が全部悪いんだぞ!

の意味もやんわり分かる

映画を観たときは"俺たち"ってクランと誰のこと?

と思ったけど、レオの奥さんと元々上手くいってたのはクランだったのかな?

それであんなことをしたのかも


ところどころ前後関係が分からないセリフがあったので、

たくさんカットされていそうで勿体無い



どこまでが実際の事件を元にしているかわからないけれど、

やっぱり集団ってイヤ

お化けも幽霊も怖いけど、人間が1番怖いかも

自分が悪いのに、堂々と他人を責め立てて、ケロリと嘘をつける精神は恐ろしい
[PR]
by 96770 | 2014-05-12 13:31 | シネマテーク

ボリス・ヴィアンの言葉に浸る『赤い草』


赤い草の生えた広場で

大きな機械を作る若者の、謎の世界


『赤い草』 著:ボリス・ヴィアン


d0249678_2205647.jpg



独特の言い回しと、言葉遊び

存在しないものをあたかも存在するかのように綴り、

聞いたことの無いことも、ごく当たり前のことかのように書く

言葉と言葉の間から醸し出された雰囲気を味わう詩のような物語



巻末の訳者の解説が非常に面白い

読み解けない物語を読み解いてくれる

でも、あまりにもしっくりとくる解説だったので、

小説の解釈が限定されてしまいそうで危険。

ヴィアンの小説にはサービス精神が一切ないという説明や、

小説とは結局"キイ・ワード"であり、

作家には生涯を通じてたった一つのテーマしかないという小説論には

思わず膝を打ちました。

この解説は、しばらく小説の世界を味わった後

自分なりの解釈を携えてから読んだ方が良いかも!



『赤い草』には

物語の展開にも、登場人物たちの行動にも

場面や世界や時代についても説明が全くない。

ヴィアンの頭の中に突然放り込まれるよう。

支離滅裂ともとれるのに、

何故かページをめくらずにはいられないのは、

登場人物のふとしたセリフに、

当然過ぎて気付くことのなかった心理を言い当てられたりして、

虚構の世界なのにリアリティのある小説よりも

ドキッとする部分があるからか。

言葉の描く掴みどころのない世界観と

登場人物の鋭いセリフの対比が病付きになります。

ちょっとお洒落な気分にもなれます。
[PR]
by 96770 | 2014-05-01 22:18 | 書店