<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

辞書は読み物だった!『辞書になった男』


日本を代表する国語辞典といえば

見坊豪紀ことケンボー先生のつくった三省堂国語辞典と

山田忠雄こと山田先生のつくった新明解国語辞典

2人は東大の同級生であり、2つの辞書の前身である明解国語辞典を

共に作り上げた。

ところがある時期を境に、二人は決別し、

明解国語辞典は三省堂国語辞典と新明解国語辞典という

2つの辞書に生まれ変わった。

その後、再び顔を合わせることのなかった二人。

一体何があったのか。

口を閉ざす関係者への取材を重ね、2つの辞書を丹念に読み込み、

ある日、筆者は辞書にひとつの鍵を見つける。

【時点】用例:1月9日の時点では、その事実は判明していなかった。

(新明解国語辞典第四版)

そう、まさに1月9日に2つの辞書が生まれる秘密があったのだ…


佐々木健一が謎を追う、

ノンフィクション辞書ミステリー

『辞書になった男』 著:佐々木健一


d0249678_2051146.jpg



辞書を巡るミステリアスなドキュメンタリー!的触れ込みに

惹かれ読んでみたのですが、

1月9日になにがあったのか

その謎は思いの外あっさりと解明され、

事件自体も、あれ?それだけ?という肩すかし感が否めない


それよりも面白かったのは、

辞書の語釈と用例を読み込み、

二人の性格をプロファイリングしていく過程


国語辞典は公のもの

言葉の"正しい"意味が載っているもの

個人の個性や思惑と1番遠いところに位置した書き物

だと思っていました


ところがどっこい

人間の作っているもの

そこに個性や、世の中に対する思いが込められないはずがない

そもそも言葉の"正しい"意味なんて存在するのか?

全く、辞書に対する既成概念がことごとく打ち破られる

痛快な読書経験になりました



山田先生なんて、辞書は文明批判だ!という思想の下で

編纂を行なっているから独断と偏見に満ち満ちた語釈で驚き

例えば、

せいかい【政界】〔不合理と金権が物を言う〕政治家どもの社会。

どうぶつえん【動物園】捕らえてきた動物を、人工的環境と規則的な給餌とにより

野性から遊離し、動く標本として都人士に見せる、啓蒙を兼ねた娯楽施設。


アナーキーだなあ!


暮らしの手帖の名物企画・商品テストで

国語辞典が散々こき下ろされた時には、

改訂版で当てつけともとれる用例を掲載し、名指しで反論したりする

辞書の借りを辞書で返すなんて、辞書にそんな私的な遣い方もあったのね、と心底驚いた


そういう訳だから当然、賛否両論ある

しかし外野の声には全く耳をかさず

賛否両論なくては存在意義がない!と言い切る辺りがカッコいいしその通りだと思いました





一方、ケンボー先生の生き方は芸術的

辞書は時代を写す鏡であり、鑑

その為には多様な用例を集めなければならない

用例採集に人生の全てをかけたその生き方は凄まじいの一言に尽きます


いろんなものを犠牲にしていたんだろうな…なんて

周りの人たちはなんとでも言えるけど、

どんな生き方をしている人にも

何かしら犠牲にしているものはあるのだから、

他の一切を諦めるとも、これをしているときが1番心が休まる

と言える生き甲斐に全てを捧げられる人生はやっぱり羨ましい

『月と六ペンス』に登場する画家・ストリックランドを彷彿しました




書き方がややクドいけど、辞書入門として

非凡な生き方をした二人の人間の生き様の軌跡として、

大いに楽しめる一冊です



読むと間違いなく新明解国語辞典の第三版が欲しくなること請け合い
[PR]
by 96770 | 2014-04-28 22:51 | 書店

食のエッセイを読んで行こう『わが百味真髄』


最近、バイトで食べ物のことを書いたり

ちょこちょこと文章を書かせてもらったりしている


お辞儀の角度から始まるビジネスマナーや

一般常識を教えてもらったり、日々是勉強


そんな中、社長からのアドバイスで1番嬉しかったのが

「サビーやミーツの真似しちゃだめよ。

勉強するなら昔の作家が食について書いているのを読むのが良いよ。

それから自分の感じたことを書いていいんだからね。」


読書が身になるなんて、何て素敵な仕事なんでしょう!

「昔の作家の」というあたりに、社長の人柄の良さを感じてしまいました


早速読んだのが、大好きな檀一雄さんの

『わが百味真髄』


d0249678_23394993.jpg



今までサラサラっと読んで、面白いなあ!と思っていたけれど、

食の表現に注目し、

その言葉遣い、言い回し、表現、知識、

出来れば学び取ろうという姿勢で読むと、

また一味、二味と興味深い


壇さんのちょっと上から目線な書き方が好き
[PR]
by 96770 | 2014-04-25 23:47 | 書店

人生の一瞬の美しさ『コルシア書店の仲間たち』


イタリア文学の翻訳で知られる須賀敦子さんが

若き日に迷い込んだ優しき共同体

ミラノのコルシア・ディ・セルヴィ書店で出会った仲間たちと彼の地での日々を

帰国後20年を経て、綴る

『コルシア書店の仲間たち』 著:須賀敦子


d0249678_2362668.jpg



この本は読んでとても良かったです



ある種冷徹なまでの客観性

人生のある時期に、自分の生活の中心であった書店での活動を

"「ごっこ」だったのだろう"と言える客観性

仲の良かった人たちについて書く時も、

馴れ合いや生ぬるさがなく、鋭い


時に読んでいるこちらがドキッとするほど冷たくも感じる

しかし嫌な感じは一切ないのだ


書店を通じて出会う仲間だちの一挙一動、

その時の街の空気、時勢が

つぶさに見つめる筆者の鋭く淡々とした目によって

刻み込むかの様に詳細に綴られており、

登場人物たちの人生が偶然ある一点で交わっただけなのに、

筆者の触れたその一瞬にそれぞれの人生や生き方が込められているように感じる


そして冷たいまでに客観的に書かれているからこそ、

ほんの一瞬訪れ共有される幸福な瞬間に、

人生の儚さと、儚いからこそ美しい様に、

泣ける
[PR]
by 96770 | 2014-04-25 23:29 | 書店

『不実な美女か貞淑な醜女か』


美女・醜女論かと思って敬遠していましたが、大間違いでした!

泣く子も黙るロシア語通訳者・米原万里さんによる

通訳の裏話、小話、言語の話


傑作同時通訳エッセイ

『不実な美女か貞淑な醜女か』 著:米原万里


d0249678_22191226.jpg



いつもながら米原さんの知識・経験の豊富さ、

引用と例えの的確さ、膨大な読書量

そしてそれを包み込むサービス精神旺盛で読みやすい語り口に魅了されました



今まで興味を持ったことがありませんでしたが、

通訳って面白い仕事!

翻訳家も面白いかも。

笑って楽しく読ませてくれる本なのですが、

米原さんの、通訳やロシアや言語に対する愛情が込められているからでしょうか、

最後は言葉の尊さ、ひとつの言語を理解してそれを使って思考し

人とコミュニケーションを取ることができること、

言葉に染み付いたアイデンティティ、

言語に関わる全ての活動に対し驚き、感動しました



読むと言語が好きになります

言葉ってすごい!
[PR]
by 96770 | 2014-04-23 22:45 | 書店

ああ、怖かった。『パリ20区、僕たちのクラス』


パリの20区の中学の1年間の出来事

『パリ20区、僕たちのクラス』


d0249678_21101761.jpg



いや〜怖かった。

学校の授業は、生徒の協力無くしては成り立たない

という基本的なことに気付かされました。


口がよく回ること

先生もイライラしちゃうけど、そこで挑発に乗ってしまっては負け

大変な仕事だなあと心底思いました


しかし日本でイメージする教師と違い、

この映画の先生は生徒と個人的に深く話し合おう的な姿勢は一切ないし、

教師会議でも、親の立場には立てないよ!

手に負えない問題児は退学させるしかない!

退学後のことまで考えられないさ!

という、なかなか驚きの一線の引いた関わり方でここにも驚き

私生活には一切踏込まないんだなあ



教育系熱い良い話映画ではなくて、

ドキュメンタリータッチです


教訓めいたことは期待せず、

こんな感じの教室もあるんだなあ〜ってぐらいに観るといいかも
[PR]
by 96770 | 2014-04-23 21:53 | シネマテーク

好きな映画は何度も観る


生き方の指針になるような、大好きな映画といえば

まずは『スパニッシュアパートメント』

この映画は中学生ごろに観て以来、往年のベストヒット

好きな映画ランキングTOP10を並べるのは、

退屈な時間のお決まり

この映画はもう10年以上ナンバー1です



『12人の怒れる男』

全人類に観てもらいたい映画

「頭が良いってなんだろう?どういう人?」というのは

よく考えることですが、この映画には

その答えのひとつがある

知性のある人

こういう人間になりたい




そして昨日、改めて観て

やっぱり良い映画だなあと感じました

『オーギュスタン恋々風塵』

ついつい毎日の生活の中で、

環境と人間関係から良くも悪くも影響を受けてしまいます

自分でも気付かない小さな影響ほど

こっそり染み付いてしまいます

自分が変化していることにも気付かないようなとき、

ふっと立ち返れる映画があるというのは本当にありがたい

周りにある全てのものは変わっていくからこそ、

基準は自分の中に持っていたいもの

映画を観た感触は、自分を知る計器になる

オーギュスタンを観るとブレていた軸がすっと戻る心地がします

コメディコーナーに置かれていますし、

もしかして監督もコメディのつもりで撮ったのかもしれませんが、

笑えるというよりも、共感し、感心し、感化され、我に返れる映画です




思えば映画の中で、人生の大切なことをたくさん学んできました
[PR]
by 96770 | 2014-04-20 23:03 | シネマテーク

『フロスト気質』


フロスト警部シリーズ第四弾は、分厚さに胸躍る上下巻

ボリュームが倍増し、事件の数も倍増

その分長くフロストと時間を共に出来る

ファンには嬉しい、その名も

『フロスト気質(かたぎ)』 R・D・ウィングフィールド

もちろん下品なジョークも倍増で

今夜も眠れなくなること間違いなし


d0249678_22504769.jpg



毎回3つ4つの事件が平行して展開し、

息もつかせず走り回るのがフロストシリーズの魅力


今回は事件の数がパワーアップし

犯人も今までとは違って知的に攻める手強いタイプ

フロスト警部もフラフラでことごとく外れる直感にハラハラ

登場人物が多過ぎて、カタカナの名前は覚えにくくて大混乱


ところがいつの間にか筆者の術中にハマってしまう

事件が多過ぎて話が掴めなくなっても

そのややこしい混乱に心地良さを感じてしまう

さながらランナーズハイのような読書体験ができます




読み始めると、

日常の細部に気が回らなくなり、

生活に支障をきたすこと間違い無し

でも長い人生の中で一時、

本に手を取られて身動きを取れなくなるなんて、悪くない




フロストシリーズも残すところ

『冬のフロスト』と、未翻訳の『A killing Frost』のあと2冊

しばらく『冬のフロスト』はデザートにとって置こう
[PR]
by 96770 | 2014-04-05 23:13 | 書店

本屋は文化だ!海文堂の嬉しい知らせ

神戸新聞本日の一面は

『海文堂書店"復活"を神戸市が検討』


http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201404/0006837871.shtml



ぜひ復活してほしい



閉店した地元の本屋が復活するか、しないか

という記事が朝刊の一面に載る

地域密着型の地方新聞も良いな



『お客さんと会話をしながら営める本屋』

が私もほしいです
[PR]
by 96770 | 2014-04-05 22:41 | 書店

送迎@トアロードデリカテッセン


新しい夢が見つかって、

この春から東京に引っ越すことになった友人


神戸で食べる最後のランチにご一緒して来ました


ハズレ無しの老舗

『トアロードデリカテッセン・サンドイッチルーム』


トアロードにあるこの名店は

船乗りだった先代が異国の地で食べた味が忘れられず

今から65年前に開業した日本で初めてのデリカテッセン


2階のサンドイッチルームでは店頭で取り扱っている商品を

サンドイッチやランチプレートで提供しています



メニューに無いものでも取り扱っているものならなんでもサンドイッチにしてくれますし、

2種類の味をハーフ&ハーフにもしてくれます



今回注文したのは…


d0249678_21204645.jpg



ジャン!

奥から時計回りに

ローストビーフとチーズ(グリエール)のハーフ&ハーフ

デリシャスオードブル

そして最近お気に入りの裏メニュー

ソフトサラミとレッドチェダーのハーフ&ハーフ




友人のロンドン旅行のお土産話を聞きつつ

大満足のランチタイムとなりました




頑張ってねー!
[PR]
by 96770 | 2014-04-02 21:24 | 食堂