「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:食堂( 26 )

大阪ハラールレストラン



阪神線千船駅ほど近く

『大阪ハラールレストラン』へ友人と行って参りました!



川を越えて住宅街の中

白い店構え



パキスタン人の店主ABBASIさんが

にこやかに迎え入れてくれます


テレビではクリケットワールドカップの映像が流れています


メニューブックもありますが、ホワイトボードのスペシャルメニューがおすすめとのこと


聞いたことの無い食べ物がたくさんありますが、

ABBASIさんが全部説明してくれます



今回は、

「3ヶ月に1度しか出ない!」と言うオススメの

ターリーセット 1500円



「年に数回しか作れない!これがあると知れば関西中のパキスタン人がやってくる!」とオススメの

マトンなんとか 1300円



ロティ 300円

をシェアすることにしました





こちらがターリーセット!


d0249678_1544727.jpg



上から時計回りに

ライタ(ヨーグルトのサラダ)、タンドリーチキンと豆のコロッケ、サラダ、

じゃがいものカレー、ひき肉のカレー、マトンカレー、

マンゴーの甘ーいデザート、ロティ、そして真ん中がチキンビリヤニ


いや〜大満足です!ボリュームもたっぷり!



そしてこちらがマトンなんとかとロティ


d0249678_1575253.jpg



d0249678_1582030.jpg




このマトンがとっても美味しい!!!

繊維状にスプーンでほろほろと崩れていく柔らかさ

コンフィドカナールなど繊維状のお肉好きには堪らない歯触りです

そしてマトンの香しい芳香

辛旨い!

千切りのショウガで口がピリッと引き締まります



メニューは本場パキスタンスタイルで、毎日変わるんですって!

金曜日のビュッフェは1時までに来るのがおすすめだそうです



食後はチャイと、サービスでキールも出してくださいました

キールもバスマティライスでした

これも美味しかったんだなあ!




大満足です

ABBASIさんとお話すればいろんなこと教えてもらえますよ!ぜひ!

本当に素敵な方でした!




訪問にあたっては

みつおさんのブログ

Bicycle & Ethnic 2

にてアドバイスいただき参考にさせていただきました


ありがとうございました!
[PR]
by 96770 | 2015-03-23 15:21 | 食堂

マテ茶が美味しい


最近ブームのマテ茶


d0249678_20323497.jpg



暑い時は水で、

お腹が空いている時は牛乳で溶かす


苦みがちょっと中毒になる味

タンポポコーヒーに似ています



d0249678_20335326.jpg




バナナに、水を切ったヨーグルトと小豆をのせて

マテ茶ラテと共に。
[PR]
by 96770 | 2014-08-22 20:36 | 食堂

ギャミラサセットを食べに、九条のスリランカへ


約1年ぶりぐらい?

前回はもっと殺伐としていたけれど、

今や関西スリランカ料理ブームの火付け役と言われ、



京セラドームへアイドル鑑賞に来るか

シネヌーヴォへアート映画を観に来る人以外には

ちょっと馴染みの無い場所、九条にあるにも関わらず

すっかり人気繁盛店



一軒しかないのに『ロッダグループ』という名前で有名な

スリランカ料理屋さんへ再訪しました


d0249678_23294113.jpg




カウンターは満席!

友人と2人、奥のテーブル席へ


迷わず注文はギャミラサセット!

ライスはバスマティライス、カレーはマトンをチョイス


待つこと暫し…


じゃじゃーん!念願のギャミラサセット!


d0249678_23382488.jpg



ああ、美味しい…


まずはそれぞれの味を楽しみ、そして混ぜる!

混ぜないと美味しくないそうで、

これでもかってぐらい混ぜて食べるのが本場流らしい


でもまずはそれぞれの味を食べるのがオススメ


全部、美味しい


初めて食べる味なのに、すっごく体に馴染む味です

マトンは辛めで、豆や田麩?はまろやか

デーツやいんげんはさっぱりとしていて

全体の調和がすこぶる良い



あまり混ぜ込むと一見単調な味わいになってしまうのでは?

と思うかもしれませんが、これが不思議と全然飽きない


カルカッタで食べた具が牛肉の塊1個のみの真っ黄色のビリヤニもそうだったけど、

見た目は単調そうなのに、変化がある

最後の一口まで食欲をかき立てるのは、本場のスパイス遣いの成せる技なのか?



食後に甘〜いチャイがついて、満腹大満足

〆て1500円なり



家から不便な場所なので、美味しいと分かりつつ

なかなか足が向かなかったけれど

やって来て大正解でした


せっかく外食するなら家で真似出来ないものが食べたいんです

そういう意味でもギャミラサセットは満足度が非常に高い





ここからブラブラお喋りしつつ、福島へ


秋に行く予定の台湾旅行の前哨戦


噂の夏季限定オープンの台湾風かき氷屋へ

ちょいと並んだけど、なかなか美味しい

茹でピーナツと豆のかき氷でさっぱり


d0249678_23532140.jpg





台湾もスリランカも行きたいなあ〜!
[PR]
by 96770 | 2014-08-14 00:02 | 食堂

修道院のくるみのパウンドケーキ


今ハマっているのがこれ


『修道院のお菓子 スペイン修道女のレシピ』 著/丸山久美


d0249678_23101530.jpg



ページをめくるたび、どれもシックで美味しそう



トルノという回転式の窓口を通してお菓子を買う話

小さな村の修道院で思わず2つ買ってしまった自家製やけどクリーム

レシピの間に挿入されたちょっとした小話も興味深い


巻末にはお菓子を買えるスペインの修道院が載っていて旅情を誘われます



まずは、ドミニコ会のくるみのパウンドケーキを焼いてみました



材料(16×6.5×高さ6センチのパウンド型1個分)

くるみ 70g
卵(Lサイズ) 2個
薄力粉 大さじ1
グラニュー糖 40g

作り方

1.型にオーブンシートを敷く。オーブンは180度に温める。
 薄力粉はふるい、卵は卵白と卵黄に分けておく。

2.くるみをすり鉢に入れ、すりこ木で潰し、薄力粉と混ぜる。
 (少しだけ荒めの粒を残すと美味しい)

3.卵白はつのが立つまで泡立てる。

4.卵黄とグラニュー糖を混ぜる。グラニュー糖が溶けたら③とさっくり混ぜる。

5.④に②を加え混ぜ、型に入れる。

6.180度のオーブンで焼く20〜30分焼く。
 中心に竹串を刺し、生地が付いてこなければオーブンから取り出し、冷ます。



d0249678_23242688.jpg




d0249678_23252117.jpg




冷ますとしょんぼりへこんでしまったけれど、美味しい!

ほとんど卵白なので軽い食感

口の中でシュッといなくなる感じ

でもしっとり感はある

もっと焼き時間を少なくしても美味しいかも



砂糖はグラニュー糖が無かったので

チャリチャリした砂糖を使用

焼き上がりの表面がカリッとするのでこのお砂糖が好き



本の写真では、もっと焦げ茶色の仕上がりだったけど、

スペインのクルミは日本で売っているのより色が濃いのかな?



シナモンや何かスパイスを合わせても美味しそう



これは簡単だけどなかなかイケてました

修道院のレシピ、魅力的です
[PR]
by 96770 | 2014-05-28 23:31 | 食堂

送迎@トアロードデリカテッセン


新しい夢が見つかって、

この春から東京に引っ越すことになった友人


神戸で食べる最後のランチにご一緒して来ました


ハズレ無しの老舗

『トアロードデリカテッセン・サンドイッチルーム』


トアロードにあるこの名店は

船乗りだった先代が異国の地で食べた味が忘れられず

今から65年前に開業した日本で初めてのデリカテッセン


2階のサンドイッチルームでは店頭で取り扱っている商品を

サンドイッチやランチプレートで提供しています



メニューに無いものでも取り扱っているものならなんでもサンドイッチにしてくれますし、

2種類の味をハーフ&ハーフにもしてくれます



今回注文したのは…


d0249678_21204645.jpg



ジャン!

奥から時計回りに

ローストビーフとチーズ(グリエール)のハーフ&ハーフ

デリシャスオードブル

そして最近お気に入りの裏メニュー

ソフトサラミとレッドチェダーのハーフ&ハーフ




友人のロンドン旅行のお土産話を聞きつつ

大満足のランチタイムとなりました




頑張ってねー!
[PR]
by 96770 | 2014-04-02 21:24 | 食堂

アプリコットのクラフティ



オーボンヴュータンの河田勝彦シェフのレシピ本

『簡素なお菓子』


d0249678_2252150.jpg



表紙を開くと冒頭のメッセージ

「おいしく焼くという哲学を持って焼いて欲しい」の一文

身が引き締まる思いです


哲学のあるエッセイを書かれる方で、レシピも然り


材料が1g刻みで書かれているところ、

材料のフルーツの産地まで指定しているところなんかが良いですね



チェリーのクラフティを焼いてみようと

スーパーに出かけましたが、アメリカンチェリー季節にはまだ早いよう


アプリコットのクラフティには冷凍のものを使う方が

食感が良くなるそうなので、探してみましたが見つからない


仕方が無いので今回は缶詰のアプリコットで挑戦


材料選びからして既に河田さんに怒られそうですが、

とにかくおいしく焼くことを意識して作りました


d0249678_2314012.jpg



美味しい

が、感動はないかな



"温かめの溶かしバターを加える"というところで

アツアツの溶かしバターを入れてしまったためか、

ダマが出来てしまったことと

やはり缶詰のアプリコットなので食感がクラフティに負けてしまうあたりが

敗因でしょうか



しかし、なんでもやってみると自分でも作れてしまうというのが面白い

まだまだ修行は続きます
[PR]
by 96770 | 2014-03-19 23:09 | 食堂

真夜中のシロップ漬けドーナツ


友人宅でオールナイトお菓子作り大会

大量のアボカドアイスクリームをプラスチックボール一杯に作り、

不思議なフラン・ナチュールを焼き上げ、

最後に以前から気になっていた

ハラルフードショップに売っている素でこれを作ることにした


d0249678_21204599.jpg



懐かしい感じ

インドでは鉄道の車内食にデザートとして出て来るぐらいポピュラー

彼の地では、歯にキーンと染みるぐらい甘いお菓子が多い



さて、まず箱から出て来たのが白い粉


d0249678_21265346.jpg



これに水を50〜60ml入れてこねる

でも牛乳にするとよりテイスティーになるそうなので牛乳にする


混ざったら、ひび割れが出来ないように20個に丸める

案外小さいが、のちのち膨らむので大丈夫

この間に鍋に水320mlを入れ、砂糖を300g投入し

5分程火にかけてシロップを作る


さて、油が low で middle な温度(?)に温まったら

20個のジャムーンを入れる


d0249678_2132764.jpg



しっかりゴールデンブラウンに色づくまで揚げる


d0249678_21325514.jpg



素揚げだとミルク風味のサーターアンダギー風


揚がったら先ほどのシロップへダイブ!


d0249678_21334210.jpg



しっかり中心までむぎゅっとシロップを吸い込んだら完成です


d0249678_21342438.jpg



シロップを吸い込んでパンパンになったグラブジャムーン

うん、美味しいな

噛むとシロップがじわ〜と沁みる

歯がキーンとなるほどは甘くなかったのは

ここが日本だからだろうか



本当はシロップにサフランとカルダモンを入れておくと

よりリッチな味になったみたいです



アボガドアイスクリームと合わせて食べると

もうどこの国の食べ物なのか節操がなくなって

また一味違った美味しさになりました
[PR]
by 96770 | 2014-03-12 21:44 | 食堂

これがキールか!再挑戦


前回作ったキールはどうも失敗作だったみたい

今回はちゃんと牛乳を600cc用意して再挑戦

すると全く別もの、大変美味しくできました

前に作った時はミルク粥ができたけど、

今回はミルクライスプリンに仕上がりました



レシピ  2人分

ごはん  100g
牛乳   600cc
砂糖   小さじ3
グリーンカルダモン   3粒

トッピング
 カシューナッツ  適量
 ピスタチオ    適量
 レーズン     適量

①鍋に牛乳を入れ中火にかけ、沸騰したら弱火にする

②1の鍋にグリーンカルダモン、ごはんを入れ、弱火のまま12〜15分煮る

 焦げやすいのでかきまわしながら火にかける

③つぎに砂糖を加え、1〜2分まぜあわせるようにしてから火からおろす

④冷蔵庫でよく冷やしてから食べる

 食べるときにお好みでトッピングの材料を散らす



牛乳600ccにごはん100gを入れると思ったよりシャバシャバ

そのままひたすら木べらで混ぜ続けること10分

ちょっとだけトロミが出てくる


ここから加熱するごとにだんだんと粘りとトロミが増してくる様子が面白くて

12〜15分煮るところ、30分煮てしまいました

シャバシャバの牛乳が一転、跳ね返るようなぷるんっぷるんっになります

冷えると弱冠固くなるので、煮るのは20〜25分くらいで良かったかも


冷蔵庫で冷やし、器に盛りつけて、

プルーンのワイン煮とピスタッチオを散らして完成


d0249678_141469.jpg



そのまま食べると初めは小洒落た西洋菓子風の味

しかし後から口に広がるカルダモンの香りで、

一気にインドのオリエンタルな喧噪が立ちのぼる

ちょっとトルコで食べたライスプリンにも似た風味と食感


これはなかなかツウ好みなイケる口でした


こう見えて食後の満腹感はおにぎり級
[PR]
by 96770 | 2014-03-04 14:07 | 食堂

神戸 桃源

どうしても子袋が食べたい!

でもちょくちょく行っていたお店が閉店してしまったので

新規開拓

内蔵が充実していると噂の神戸は桃源に行ってみた



友人とご一緒に入店


早速子袋を注文


d0249678_23444316.jpg



美味しいー!!!

辛酸っぱいタレと味噌ダレがきます

酸っぱいタレをつけて、ラー油と酢を合わせて食べるとさらに良し

食感で魅せてくれます



大満足!

子袋食べたことない…って言っていた友人もハマってくれました

良かった良かった



続いて八宝菜で野菜を補給


d0249678_23464515.jpg



キクラゲが美味しい


続いて心臓炒め


d0249678_23474198.jpg



うん、これも美味しい


そして本日のハイライト、大腸の唐揚げ


d0249678_2349358.jpg



うわー!!!美味しい!!!

これもラー油と酢でさっぱりいただく

シャンサイとネギが合う

後味の独特な野性的芳香が至福の時

大好きなアンデュイエット的旨味

本当に美味しかった

今すぐまた食べたいお味


〆はジャージャー麺


d0249678_23523167.jpg



これはちょっと甘口だったな



しかし総じて美味しい

特に子袋と大腸はストライク


お腹いっぱいで泣く泣く注文を諦めたが、

これは胃袋とアキレス腱もかなり期待できそうです




隣のおっちゃんたちは店長と馴染みっぽくて、

イカで何か作ってー!

とか

汁無しの麺やったら何作れるー?

って注文してるのが良いかんじでした



しかしここの大腸は本当に美味しかったなあ〜


メニューはどれも大体500円〜900円くらい


良い仕事してました





食後に我が両親が合流

テーブルを譲ってご馳走になりました

ご馳走様でした!
[PR]
by 96770 | 2014-02-28 23:59 | 食堂

ラジさんちのレシピでキールを作ってみる



ラジさんちのレシピで何か作りたいけど

簡単に出来るものがいい

と思ってページをめくっていたら、キールが1番簡単そう!


d0249678_13273345.jpg



レシピ  2人分

ごはん  100g
牛乳   600cc
砂糖   小さじ3
グリーンカルダモン   3粒

トッピング
 カシューナッツ  適量
 ピスタチオ    適量
 レーズン     適量

①鍋に牛乳を入れ中火にかけ、沸騰したら弱火にする

②1の鍋にグリーンカルダモン、ごはんを入れ、弱火のまま12〜15分煮る

 焦げやすいのでかきまわしながら火にかける

③つぎに砂糖を加え、1〜2分まぜあわせるようにしてから火からおろす

④冷蔵庫でよく冷やしてから食べる

 食べるときにお好みでトッピングの材料を散らす




トッピングのナッツとレーズンの持ち合わせがなかったので

ドライいちじくを添えて。


d0249678_13333873.jpg



牛乳をまとった甘いごはんという感じ

もっと牛乳が染みている方がよかったな


牛乳があんまりなかったけど、お腹が空いていたから

ついついごはんを多めに入れてしまったのが敗因

もうちょっと牛乳でゆっくり柔らかく煮る方が良さそう



いちじくをかじりながら食べると美味

果物の甘みが合う
[PR]
by 96770 | 2014-02-27 13:36 | 食堂