修道院のくるみのパウンドケーキ


今ハマっているのがこれ


『修道院のお菓子 スペイン修道女のレシピ』 著/丸山久美


d0249678_23101530.jpg



ページをめくるたび、どれもシックで美味しそう



トルノという回転式の窓口を通してお菓子を買う話

小さな村の修道院で思わず2つ買ってしまった自家製やけどクリーム

レシピの間に挿入されたちょっとした小話も興味深い


巻末にはお菓子を買えるスペインの修道院が載っていて旅情を誘われます



まずは、ドミニコ会のくるみのパウンドケーキを焼いてみました



材料(16×6.5×高さ6センチのパウンド型1個分)

くるみ 70g
卵(Lサイズ) 2個
薄力粉 大さじ1
グラニュー糖 40g

作り方

1.型にオーブンシートを敷く。オーブンは180度に温める。
 薄力粉はふるい、卵は卵白と卵黄に分けておく。

2.くるみをすり鉢に入れ、すりこ木で潰し、薄力粉と混ぜる。
 (少しだけ荒めの粒を残すと美味しい)

3.卵白はつのが立つまで泡立てる。

4.卵黄とグラニュー糖を混ぜる。グラニュー糖が溶けたら③とさっくり混ぜる。

5.④に②を加え混ぜ、型に入れる。

6.180度のオーブンで焼く20〜30分焼く。
 中心に竹串を刺し、生地が付いてこなければオーブンから取り出し、冷ます。



d0249678_23242688.jpg




d0249678_23252117.jpg




冷ますとしょんぼりへこんでしまったけれど、美味しい!

ほとんど卵白なので軽い食感

口の中でシュッといなくなる感じ

でもしっとり感はある

もっと焼き時間を少なくしても美味しいかも



砂糖はグラニュー糖が無かったので

チャリチャリした砂糖を使用

焼き上がりの表面がカリッとするのでこのお砂糖が好き



本の写真では、もっと焦げ茶色の仕上がりだったけど、

スペインのクルミは日本で売っているのより色が濃いのかな?



シナモンや何かスパイスを合わせても美味しそう



これは簡単だけどなかなかイケてました

修道院のレシピ、魅力的です
[PR]
by 96770 | 2014-05-28 23:31 | 食堂
<< どう生きるか『キリマンジャロの雪』 本を貸してもらって『春になった... >>