「ほっ」と。キャンペーン

再びの上海



遅れること30分

上海浦東空港に到着

ホテルへ向かうため、地下鉄2号線のキップを買おうと券売機に並ぶ

と、足下に青いゴミ




50元札だ!!!!!




キョロキョロ見回して、誰も気づかない間にさっと拾ってお財布に滑り込ます

これで今夜はちょっと良いもの食べれそう


では、キップを買おうと、川沙駅ボタンを押す

お金を入れる前に、本当にこの駅だったか、ちょっと確認していると、

後ろから兄ちゃんに中国語で何か言われ、

すっと手が伸びて来たかと思うと、

おもむろに "2枚" ってボタンを押し、自分の分のキップ代4元を入れ、

私が握っていた5元札をパッと取って券売機に入れ、代わりに1元硬貨を握らせて、

さっさと自分の分のキップを取って改札へ入って行きました


びっくりしたなあ!

どんなに急いでても、並んでる後ろから2枚ボタン押して、

そんなキップの買い方したことはなかったな

中国の人のバイタリティはすごい




無事に地下鉄に乗って川沙駅に着いたのが夜9時過ぎ

地上に上がると街はもう暗い

バイクに乗ったおっちゃんがわんさか待機していて、

声をあげて何か言っている

バイクタクシー?



もくもくと歩くこと10分

今日の宿、Greentree Inn Shanghai Pudong Airport Chuansha Express Hotel に到着

カウンターでチェックイン

カードで払います

と思ったら、お姉さん困った感じ

どうもこのカードは使えないみたいと言われてしまう

お姉さんは英語が喋れないし、私は中国語が喋れないのでよく分からない


もう1人お姉さんを呼んで来てくれるが、このお姉さんも英語が喋れない


3人ともなんで使えないのか分からず困った困った


しばらく待っていると英語が出来るボス的おっちゃんが現れて、

もう1度カードを試してくれるが、やっぱり使えない


中国のカードしか使えないらしい


現金で払えないの?と聞かれ、お財布をひっくり返してみる


拾った50元札1枚、20元札4枚、1元札3枚  合わせて133元

ホテル代は161元



やっぱり足りない


おっちゃんがどこかに電話をかけ、私がホテルを予約したサイトを確認し、

中国語で何やら言い合っている

そのうちにお姉さんが鍵を用意してくれて、

結局おっちゃんから130元でオーケーが出る



まけてくれたのか

よく分からないけど、これでOKと言われお部屋に入れました

拾った50元がこんなところで効いてくるとはラッキー

あ!

と思って、お財布を確認する




助かった

明日、空港に帰るための地下鉄代が4元

残りのお金が1元札3枚に1元硬貨1枚でちょうどの4元


神のご加護をかんじました



しかし夜ご飯が食べれなくなってしまった

この辺りにはATMも見当たらないし、カードで払えそうなご飯屋さんもない

でも幸い、飛行機は明日の朝9時半

早めに空港に行けば何か食べれるだろう


と思ってNYで買っていた板チョコを3枚食べ、

白湯を沸かして飲みながら、荷物を整理する



d0249678_1582794.jpg




ドミトリーでは荷物を広げて整理出来なかったので、すがすがしい!



廊下に風俗のチラシが散らばり、部屋のドアの下からも差し込まれているのが怖いけど、

それが気にならなければ良いホテル


久々にアメニティが付いている個室に泊まれて嬉しい

タオルも歯磨きもシャンプーもリンスも石けんも給湯器もドライヤーもスリッパも

靴磨きもTVも付いている


d0249678_1511213.jpg




荷物をしまい、床に就く

でも飛行機の時間が気になって、時差ぼけもあるのか浅い眠りをうつらうつら


ハッと時間が気になって iPhone をみると、

iOS7.0 にアップデートしますか?

と聞かれて思わずアップデートを押してしまう


しまった

アップデートがなかなか進まない

目覚ましが鳴るのか不安になって眠れない


部屋に時計はない

モーニングコールは断られる


アラーム鳴らず寝過ごすのが怖いので、もうこのまま朝まで起きておこう



TVをつけると、ちょうど料理人が魚のさばき方を教えてくれている

なんともお魚な旅になったなと、感慨深い




結局アップデートを待っている間に朝の6時になって、

荷物を担いでホテルを後にしました





通りに出ると、まだ6時半なのにもう朝食のお店が開いている

ちらほらと、何かを頬張る人々

その場で揚げてくれる大きなチュロスみたいなもの

湯気が上がるセイロ

ネギ焼きのような粉もの

肉まんの皮のようなパン

屋台のトラック


美味しそうな漢字が並び、お腹に響く

食欲そそる漢字の誘惑を振り切って、メトロに乗る



20分と少しで空港



さあ、もう思い残すこともありません

いざ、飛行機に乗り込んで

今日は日本に帰りましょう




最後は中国東方航空にしては珍しく気の利いた機内食の写真で終わり



d0249678_22465875.jpg





NYに"自分"が居てて、良かったなあ!

今回もいろんな人のお陰で大変に良い旅になりました





さて、もう次の旅の準備が始まっています


乞うご期待!
[PR]
by 96770 | 2013-10-21 23:16 | travel
<< 『英国一家、日本を食べる』  ... NYよ、呼んでくれてありがとう >>